寝る前、、、落語

f0369628_18183170.jpg





まるっきり眠れない時期があった。

母が認知症と診断されたあたりか、
会社に行きたくない時期だったか、
働かないで家にいるようになって、
朝から晩まで寝ていた時だったか、

睡眠薬を飲んでしまえば、
眠れるのですが、
クスリもプツリと切れるようで
夜中のとんでもない時間に
起きてしまったりしていた。

そんなある日、
眠れないことを兄に話すと、

眠ろうとすると
頭が忙しくなるのがいけないんだと、
落語を小さい音量で聞くと良い
などと教えてくれた。

早速、図書館に行って、
借りることが出来るので、
色々借りてきて、
聞きながら寝ていた。

最初は
江戸の言葉が全く耳に入らないし、
ますます眠れない感じで
フム―と言った感じでしたが、

結局眠ることはあきらめ
だんだん面白くて
聞き入るようになった。

そんなこんなで
全く詳しくないですが
落語が好きです。


落語に合わせて、
俳優さんが芝居を合わせる
超入門!落語でムービーってのもあり、
ますます落語の世界が
手に取るようにわかるようになりました。

その中でも
柳家喬太郎さんが好きです。

江戸川乱歩を
やっているのからはじまり
なにより本当に
世界にすーーーっと引き込まれるのです。

昨日ねる前に、
YouTubeで喬太郎さんの
『死神』見ていたんですが、、、、

このお話はどこかで、
一回聞いたことある話だと思うのですが、、、

喬太郎さんの顔や声
怖くて怖くて、、、

お時間ある時、
夜中、、シンとしたところで
是非聞いてみてください。

落語っていいですよ!







[PR]
# by koguma-nao | 2018-12-04 18:25 | 趣味

人とつながること

f0369628_14180931.jpg








先日マラソンしていた頃の仲間
たくさん集まって、
飲み会に参加してきました。

飲み会、、
父は母にご飯を食べさせられないので、
夕飯時間が絡む飲み会は
長いこと参加出来ないでいました。

今年は参加してみよう。
こんな計画を立ててみました。

当日、、、
激しく中途半端な時間に
とんかつ屋さんに連れて行き、
とんかつにカキフライが付いている
普通の成人が食べてもおなか一杯と感じるのを、
老親に与えて、、、

それをサクサクと両親は
おいしいねと食べる。
いい感じ、、、フフフ、、

そして夕暮れ、、

今日の夕飯はどうする?と聞くと、
もういらないおなか一杯だから、
と言った所で、
サササと出かける。

ということで、
一年に一度くらい
夕飯抜きディがあってもいいじゃないか!

駅伝チームの飲み会。

公務員が中心で
後は商社とかの
アパレルとは全く関係ない友人。

その頃、
アパレルで働く私などは、
自分を個性的だと思い込んでいまして、
アパレルしか友人がいなかった。

30代になった時に、
運転免許証を取ることと、
泳げなかったので克服しようと
地元のスイミングチームに入る。

全然泳げなかったのに、
あっという間に一キロだとか、
個人メドレーで泳げるようになる。

そこで、
丸の内の美人秘書と出会い、
いいねー負けず嫌い、、、
マラソン向きですと、
スカウトされ、、

駅伝に参加して、
5キロから、
10キロとかに出場して
友人の友人とそのまた友人と、
仲良くなっていく。

アパレルの人は
趣味おしゃれが多くて、
余暇などもお店みたりして、、
趣味も仕事の延長が多くて。

私などは、
仕事ばっかりで考えが凝り固まっていて、
全く面白みのない人でした。

だから30代以降の
余暇にスポーツをする友人って、
ちょっと日々から全然かけ離れた所に
有ったわけです。

色々な歳の男女
今マラソンはしてたり、
してなかったりですが、

皆それぞれいろいろ道を持っていて、
いい感じに生きている。

そんな中で、
私が仕事を辞めた頃、
落ち込みがひどくて
友人がちょうど産休で、
生まれたばかりの友人の息子を
連れてあちこち遊びに行きました。

まだ母も元気だったので、
友人は子供を産んでいるのに、
うちの娘は、家にいて、
、、とか泣き出して
切なくなった思い出も
あります。

天使みたいな坊やで、
私は赤ん坊を抱いて、
ベビーカーを押して、、、

やがて、
次男が生まれて、
私はまだ家に引きこもっていて、

友人と話していると、
やんちゃ坊主は、
私の肩によじ登り、
気が付くと肩車してました。

こどもの成長に触れ、
私は何を立ち止まって
もたもたしているんだろうと、
思ったものです。

今回5年ぶりに
大きくなった子供たちも来ていました。


f0369628_14404536.jpg
かわいいこの子はもう小学生、、、




もちろん子供は私の事
すっかり忘れているけど、
顔も全然変わっちゃっているけど、
ほくろとかの位置はそのままで。


郷土史の研究をしている人に
話を聞いて

町おこしのNPOを立ち上げた友人と、
何か一緒にやれたらいいねと、
再会を約束して。

人とつながるって消えそうなのは
いとも簡単に消えるけど、

なかなかお互い折り合わなくて
消えそうであっても、
実は太かったりする。

不思議だなーと、
思うのでした。










[PR]
# by koguma-nao | 2018-12-03 14:44 | 考察

マイペースな人との付き合い方

f0369628_18203105.jpg


体の不調で検査をしてから
薬をもらうようになってから、
自分もお医者に行くようになりました。

自分で名付けていた胸郭出口症から、
せんねん灸など使ってましたが、
本当に手のしびれが気になるようになってきたので、
助けてほしくなり
整形外科に行きました。

ここの医者、、、
とってもいいお医者さんですが
自身でアスペルガーと公表して
本も出されているようで、
受付に本がありました。

この本を読むまでは、
この先生って感じ悪すぎと思ってました。

私は比較的前のめりな患者なので、
先生の嫌悪が
こちらにも伝わってくるので、
好きでなかったのですが、

この人はそうなんだと
割り切ると、
気を使ったりしないで済む。

非常にいい先生で、
診断も的確で、
信頼できる先生と思うようになりました。

先生は人の気持ちがわからないことに
悩んだようですが、、

どんなに力説しても、
ありがとうを伝えても、
ベートーヴェンみたいな顔している。

私がぐぁあと母を持ち上げると言ったら、
え!!!ぐぁあってなんですか?とか

とにかく私のような
感覚的に話す人が一番苦手のようで、

介護しているのですが、
重たい母を持ち上げるというと
伝わるようでした。

最近、、
発達障害を公表するようになりましたね。
その方が生きやすくなるのでしょうか、、

きっと私も、、
整理整頓ができない脳のせいに
忘れ物が多いのも
ちょっとだけ遅刻してしまうのも、
脳のせいにしたくなりますが、

散々待たされて、
実は発達障害でぇー―と言われても、
早く出てこいやと思うだけですがね、、

母が元気なら
ただのだらしないだけだ!と
喝入れられてしまいそうです、、

病気を抱えて
空気を読めないのですみませんと言う
公表は楽になるだろうが、

私は繊細で空気を読みすぎて
そして表情の変化に気が付き、
気を使いすぎるタイプですが、

私は傷つきやすいですって
アイアムデリケート
tシャツか何かを常にきていなきゃでしょうか、、

そう言う公表は
相手に気を使ってもらうこと
前提になるわけです。

以前、、、
母の主治医にこうでは?と
言って激怒されてから
お医者さんで
自分の考えをぶつけるのは、
失礼なのか?と不安になった。

今回、
胸郭出口症な気がすると言わずに、
手のしびれ、肩のしびれ、
手を挙げるとしびれるだの言って
色々検査した所、

全然違うところをレントゲン取ったら、
頸椎が変形していてそっちの方が
深刻でそこからの流れで、
神経を圧迫している。

結局レントゲン取ってない部分を差して、
ここあたりの神経を圧迫とか言ってました。

胸郭出口症とストレートに言えばよかったのか、
後悔してます。

それで週2回リハビリに通うことに
なったのですが、
気持ち良いのを想像していたのですが
ここからが、ちょっとしたストレスです。

自身を性質を知って
自分がこうだからといって、
人に迷惑にならないように努力する。

発達障害があろうがなかろうが、
この世の中には、
マイペースな人間がたくさんいて、
生きているだけで
ストレスを与えたり
与えられたりしています。

この病院のリハビリ室に
若い男性がいるのですが、
痛い旨、病状が全く伝わらない。

のれんに腕押しで、
ああ、、疲れているのですね、
介護で疲れているのではと
言うのです。

どこが痛いかとか、
痛くて痛み止めを飲んでしまう話をすると、
それはプラセボ効果です!とか

カルテ見てますか??っていう感じで、
気のせいで痛いのではないですと言いたい。

私の地元が詳しいみたいで
聞いてくるので、
話をしていても
ほんとは全然知らないみたいで(笑)
結局自分の出身校を自慢したかったようです。

音楽全然知らないみたいで
ファッションの話詳しいらしいですが、
色々聞いてくるので答えるのですが、
話すこと全てが暖簾に腕押し。

最終的には
自分との世代間を強調してきて
母親の世代ですねって!

自分より年上と話す、、、
同レベルで話そうとする若者
偉そうな感じも伝わってきて
猛烈ストレスです。

いろいろさすったりしてくれるのですが、
痛みが何パーセント取れましたか?って、
全然変わらない気がしても、
50%とか言ってみても、
首を傾げているので、
やっぱ70!!とか、、ストレスです。

お前は若くて道半ば
だからへたくそなんだよ!
と、暴言はけたら
すっきりするのですが、

加えて、
もう一人のストレスですが、
友人と話していると、
介護でのストレス大変でしょう?と言われるが、
介護職とのコミュニケーションが
ストレスだったりしている。

とにかく一生懸命ですが、
仕事が雑で早いという、、、

こうしてほしいってのを
はいはいはいって聞いてない。

ゆっくり歩く母などは、
お構いなしに持ち上げてしまうし、
車に詰め込んで、
座れてなくて、
メガネが吹っ飛んでいるまま
シートベルトを手まで巻き込んで締めて、
急発信してるので、

ケアマネに言うと、
注意されたようで
開き直ってきた。

では!と、私が介護士を育てようとして、
私が車に乗せて、きちんと座らせて、
身を整えて、シートベルトしていると、
全然見てなくて
自分は先に乗り込み急発進、、、

こうしてほしい、、、って話していると、
ひきつった笑顔は全然聞いてなく
人の話を遮ってオウム返ししてくる。

思わず
私の話理解できてますか?って
聞いちゃうと、
自分がふがいなくて申し訳なさすぎるとか、
笑いながら答えてくる。

実は何を言っているか聞いてないんだと
脱力するのでした。

この若者にも
お前は勉強不足で
ふがいないとか言ってるレベルにも達していない
もうちょっとプライドを捨てて、
同僚や上司の仕事を見て、
自分の足りないとこを知れ!と暴言はいたら、、

若者に喝を入れたいおばさんなのでした。












[PR]
# by koguma-nao | 2018-12-02 18:25 | 介護

いい肉の日にいいこと

f0369628_14145652.jpg


いい肉の日、、、

新宿御苑の近く長春館で
焼肉弁当を食べる。

焼肉弁当と言っても、
炭火で焼きながら食べるスタイルです。

焼肉、、、
父が相性が悪いようで
二回具合が悪くなって、
一度は入院、2回目は救急診療、
家族で焼肉を食べる選択肢がないので、
母とたまに食べに行ってます。

もちろんひとりでも行きます。

ひとり焼肉デビュウは
ベルギーのアントワープです。

世界的にみても、
一人で骨付きカルビ食べる女、
異質に見えたようで、
せっせと世話して焼いてくれましたが、

ツボの中にタレに漬かった
クルクル巻かれた骨付きカルビ
はさみでカットするのですが、
せっせとものすごいスピードで、
あっという間におなか一杯の記憶があります。

今はビールのCMでも
ひとりで焼き肉してる歌があるくらいですが、、

ひとりで食べるのもいいですが、
ゆっくり話をしながら、
自らの持ち分の焼肉を自分ペースで
焼いて食べる、、、楽しいですね。

そして、、、
画材店に立ち寄り、
ペンを物色したり、
筆を見たりする。

ここにくると
いつも大御所のアーティストさんが、
私たちと同じように楽しそうに
文具を見ているのですが、、

なんと!!!大好きすぎる。
タモリさんの横で笑ったり、
みうらじゅんさんの横でツッコミいれたりしている。

なによりイラストが好き。

もじゃもじゃですが、
おたくぽさの究極かっこよく年取ってる感じ
ちょっと佇まいも憧れる、
イラストレーターの安齋肇さんが
隣で筆を吟味してました。

私は若い頃の野望。
、、、というか妄想というのは、

安齋肇さんやみうらじゅんさんが
まったり飲み会している所に遭遇して、
対等に話ができる人になるのが、
夢だった、、、。

友人が働いている会社のそばに
安齋氏の事務所があって、
よく遭遇していた話を聞いて、

会うことが出来たら、
私は好きな旨を伝えて、
サインをもらおうと長年温めていた。

そんな安齋氏が
そこに、、そこにいる。

みうらじゅんさんが
安齋さんは胃から出てきたような
匂いがすると言っていたのですが、

実際の安齋氏は
こざっぱりとしていて、
おしゃれでかっこよかった。

はづかしくて声はかけらず、
もじもじしていたら、
居なくなっていた。

まだまだ、、
私は修行が足らなかったのだ。

そう思いながら、
遠い目をする私。










[PR]
# by koguma-nao | 2018-12-01 14:15 | 食べる

お相撲の話

f0369628_14512346.jpg



貴景勝優勝しましたね、、、
これはかなり嬉しかったです。

と言うのも、
ひいきの力士の基準が、
埼玉栄の相撲部だった人、、、

いいお相撲さんが
たくさん排出されています。

高校野球とか、、
サッカーのように
相撲部にもひいきの高校を持つ。

そして加えるなら、、

貴乃花親方すき、、、
ちょっと好き、、
いやいや割と好き、、
、、、多分超好き。

貴乃花が引退して、
部屋から
優勝を出すのが夢だったし、
横綱を出すのを楽しみにしていたから
多分、、相当好き。

いよいよそんな時代になりましたが、
もうなくなっている。

最近親方の忖度できない感じだとか、
どうしても曲げることが出来ず
結局辞めちゃう感じとか
元おかみさんが母親として登場したり、
若との不仲(笑)、、、
変な人って感じも少なくとも大きすぎますが、

理事会で孤立無援となっても
曲げられない貴花田がんばれ!って
思ってしまうのです。

そして、、、今日
貴乃花親方の離婚報道に、
ギラっとしてしまう(笑)

そんなことを書くと
え!!!ってかんじですか、

自分道をひた走って
ひとりになってしまった
孤独な人がいるということが、
ちょっとした勇気をもらうのです。

勝手な想像ですが
唯一の味方である家族。
奥さんさえも
もうついていけないと思う感覚。

こんな人にだって
共感して、いいぞと思い、
わかるよーって
あなたの生き方好きですって思う人が
いるという感じに勇気をもらうのです。

話は戻りますが、
貴景勝の日々の話の中で、
いつも淡々と過ごすということ

気分を上げもせず、
下げもせずいつも同じくする。

試合前にぐぁーと上げる感じですが、
いつもと同じを意識する

私はイベント前だけに
徹夜したりして、、、
たまたまの奇跡を待ったりと
日々努力を知らないタイプですが

いつも淡々と同じように準備する。
ああ、、
幸運は準備のあるものに微笑む

スポーツを通して、
こういう言葉に反応して、
心にメモするのでした。




[PR]
# by koguma-nao | 2018-11-27 14:51 | 趣味

植物染料を使った絞り染めの布を作る染色作家


by koguma-nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る